アメリカ・カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像設置に日系人が猛抗議

いよいよ韓国のこれまでの度の過ぎたイカれた反日活動の是非が世界中から問われる、最期の審判を受ける時が迫っているのではないでしょうか。

 

かなりヤバイと言われる経済の破綻とともに、韓国という国自体が崩壊する方向へ向かう、そんな気がしてなりません。

 

アメリカのカリフォルニア州には韓国系の住民が多数住んでいると言われています。そのグレンデール市に慰安婦記念像の「平和の少女像」が設置されることが予定されていますが、これに対して日系の人達が猛抗議をしたというニュースが伝えられたのです。

 

日本人は特にこれまで朝鮮問題、韓国問題については腫れ物に触るような、そんな態度で接して来ました。また、日本人の美的感覚からすると「醜い」ものには接したくない、見て見ぬふりをしてしまうというのもあったと思います。

 

恥を知らない、これほど日本人にとって醜い対象ってのは、ないのですから。

 

歴史が好きな人でも、こと朝鮮半島に関することには疎いという人もたくさんいますよね。かく言う私自身もそうでした。そもそも観るべき興味のある歴史が朝鮮半島にはないと言っても良いでしょう。少なくとも中世の朝鮮半島がどうなっているのか、なんてことに興味を示す日本人は、よっぽどのマニアですよね。

 

しかし、ここ数年の韓国の猛烈な反日活動によって危機を感じる日本人がどんどんと増え、本当の日韓の真実に気づく人が増えています。

 

嫌韓流 実践ハンドブック 2 反日妄/桜井誠

嫌韓流 実践ハンドブック 2 反日妄/桜井誠

 

それにしても韓国を例えて「アクセルだけでブレーキのない車」という人がいますが、本当ですよね。

 

サイレントに広告代理店を牛耳り、テレビ局を支配し、パチンコで日本人から金を巻き上げ、在日特権で保護を受け、コリアンタウンを作り上げて、、、ってことをしていれば良いのに。

 

新大久保のデモを妨害しているのがチンピラヤクザなんていう構図をみせつけられたら、日本人はみんな気づくっての。ブレーキがないんですね、韓国って国には。

 

世界中に慰安婦記念像なんていうのをおっ建てて、日本人をますます怒らせるとどうなるのか?、考えが及ばないのでしょうか?、及ばないんでしょうね。愚かとしか言いようがありません。

 

真実は「韓国が日本を貶めるために、従軍慰安婦という嘘をでっち上げて慰安婦記念像を世界中で建てようとしている」のですから、これに対して抗議をする日本人との構図を世界中の人が目にすることになるんですよね。

 

韓国人と日本人、あなたはどちらを信用しますか?

という勝負を世界を舞台に挑んでいるようなものなんですよ。勝ち目があると思っているのでしょうか?、そういう判断ができないのでしょうかね~

 

だいたいが、信用を得るために海外では「日本人」と成りすます韓国人も多いって聞きますよね。玉砕覚悟なら良いのですがね、後から命乞いなんて、ホント勘弁してほしいですよね。

 

朝鮮人が血眼になって海外に設置しようとしている「慰安婦記念像」は、やがては「朝鮮人嘘つき記念碑」として世界中から笑われる日が来るんですよ。その日に向かってドンドンと嘘つき記念碑を建てさせてやる方が良いかもしれませんが。

 

そんなわけで、アメリカでも日本人の心のある人は、韓国人の嘘と捏造に対して戦ってくれています。私たち日本人もいろいろな形で戦わなければなりません。この世に正義というものはあるんだ!ということを教えて差し上げようではありませんか。

 

韓国の中央日報が12日、米国発で伝えたところによると、米カリフォルニア州グレンデール市で設置される予定の「慰安婦記念像」をめぐる公聴会で日系住民の反対意見が続出し、公聴会は大荒れとなったという。

 日系住民たちは「慰安婦問題は歴史の捏造(ねつぞう)だ」「慰安婦は売春婦だった」「市は日韓外交問題から手を引くべきだ」などと発言し、記念像設置に激しく反発したという。

 米国では近年、慰安婦問題を持ち出した在米韓国人による反日活動が活発だ。同市でも韓国系住民の呼びかけを受け市議会が慰安婦記念の「平和の少女像」の設置を決め、30日に公立図書館で除幕式が行われる予定という。

 これまで米国の地方自治体では日本非難決議や慰安婦記念碑設置はあるが、ソウルの日本大使館前に反日団体が設置したものと同じ慰安婦記念像が設置されるは初めてだ。

 報道によると公聴会には約20人の韓国系を上回る約80人の日系住民が出席した。今回の日系住民の抗議は地元の日系新聞が「慰安婦像の撤去を要求しよう」と呼びかけた結果という。慰安婦問題で日系住民の反発が伝えられるのは極めて珍しい。慰安婦像設置に日系住民が猛反発、公聴会大荒れ 米・グレンデール市 – MSN産経ニュースより引用掲載