サッカー日韓戦の旭日旗の陰謀 自作自演男「しなり」氏は「レイシストしばき隊」に関係する反日勢力

嫌われ者って、何処かへ行ってもやっぱり、また嫌われるものですが、この「しなり」氏という旭日旗自作自演男さんはサッカーJリーグの横浜マリノスから永久追放をされているようなご身分だそうな。

 

そして、今度は日本人のほとんどから嫌われてしまったという嫌われ者の王道を歩んでいるようですね。日本に出入り禁止の処分にしてしまうのが妥当でしょう。

 

サッカー東アジアカップの日韓戦で「歴史を忘れた民族に未来はない」という巨大な横断幕を、いつものように韓国側が掲げ、これに対して日本政府からも遺憾の意砲が発射されたのですが、

 

「この横断幕を掲げたのは、日本側が旭日旗を掲げたから、こちらもやった」というのが韓国の言い分のよう。

 

で、これを事前に打ち合わせて行ったのが「しなり」氏というわけだ。

 

誰もがピンと来たくらい、日本を貶めるための三文芝居のシナリオは最初からバレバレなんですが、自分達に都合の良い嘘はなんでもアリってのが、韓国の国是なんでね。そして、その体質ってのは確実に反日日本人にも受け継がれているんです。

 

そして無様なのは、この「しなり」氏というマリノス出入り禁止男が、在特会などの保守系市民団体の活動を妨害する反日団体「レイシストしばき隊」の一員であること、あるいは参加者であることが明らかになったのです。以前にも反原発のグループから追い出された人間がレイシストしばき隊に入っているということがバレているけれど、つまり刺青を「どうだ顔」で見せびらかしながら日本人のデモを恫喝して妨害する連中ってのは、何らかのグループから嫌われて追い出されて流れ着いた先が「レイシストしばき隊」ってことなんだろうと。

 

今回の旭日旗自作自演問題は、保守系放送の「チャンネル桜」で水島総社長が調べた事実を話していますので、ご覧ください。

>>>【直言極言】崩壊する韓国、呉善花氏入国拒否と反日「旭日旗」騒動の根源[桜H25/8/2] ‐ ニコニコ動画(原宿)

 

それにしても「歴史を忘れた民族に未来はない」ってのは国家規模の壮大なジョークですよね(笑)。

 

しかも崩壊寸前状態の韓国ですからね、まさに命がけで笑いを取りに来てるこの韓国の姿勢は、日本のつまらないお笑い芸人たちにも見習って欲しいものです。

 

でも今、私たち日本人はもの凄い教訓を韓国から与えられているのかもしれませんね。だって

歴史を捏造する民族に未来はない

という壮大なショーをライブで観ることが出来るのですから。劇団四季も真っ蒼って感じで。