アリランを歌う連中が日本軍「慰安婦」問題で弱者ビジネス!?

毎年のことですが、夏になると自称旧日本軍の「慰安婦」として無理やり「性奴隷」にされたとする朝鮮人老婆達(及び彼女らに味方する一部の日本人)がやたらと大騒ぎを始めます。
news_01
 
ここ数年、インターネットや書籍等で「実は【性奴隷】ではなく【高給取りの売春婦】だった!」という
真実が表向きになり、多くの日本人が真実を知ってしまいました。
それで焦っているのでしょう。
自称元慰安婦及びその仲間たちが、以下のような大々的キャンペーンを張り、よりデカイ声を出し始めました。

旧日本軍従軍慰安婦問題の解決を目指し日本各地で活動する団体・個人によるネットワーク、日本軍「慰安婦」問題解決全国行動(全国行動)が、8月14日を国連の公式記念日にするためのキャンペーンを展開している。

 1991年8月14日、元慰安婦の故金学順(キム・ハクスン)さんは被害事実を公の場で証言し、慰安婦問題を国際社会に知らせるきっかけをつくった。

 全国行動はホームページを通じ、この日を国連記念日にしようと呼びかけるとともに、記念日の名称について意見を募っている。現在、日本の約50団体がキャンペーンに賛同している。

8月14日を慰安婦の国連記念日に=日本の市民団体 より引用

 

この金学順さん、従軍慰安婦裁判の原告第1号となったのですが…。
訴状に「親に40円でキーセン(芸妓)に売られた」って書いたんですけどねえ。

それを「慰安婦として日本軍に無理やり連行された」と無理やり捏造されてしまったのです。
その後、あれよあれよという間に自称元慰安婦の人数が増え、支援者も増え、国際的に大々的なアピールをされ、
ついには日本でも「河野談話」なる従軍慰安婦を認める不必要な談話を出してしまいました。

21世紀になった今でも、謝罪と賠償を求めて日本だけではなく、世界各地で活発に活動が行われています。
今年(2013年)は、8月14日に合わせて東京や大阪など、日本全国各地でアピール活動が行われるそうです。


ただ、札幌は既に8月7日に行ったようですね。
 
「日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす北海道の会」主催で、フィリピン人元慰安婦を招いた街頭演説を大通公園で行ったそうです。
大抵、こういった「自称元慰安婦」が登場する場合は朝鮮人なのですが、フィリピン人がわざわざ来日するとは珍しいですね。
 
せっかく朝鮮人が大々的に国をあげて謝罪と賠償を要求しているのですから、もっと早くから便乗して大騒ぎすれば良いのになあ、と思っておりましたw
きっと何らかの活動はこれまでも行っていたのでしょうが、朝鮮人の強烈すぎる個性の影に隠れちゃったのでしょうね。
 
 
札幌の話に戻しますが、街頭演説では街宣車が使われたとのこと。
どんな街宣車なのか、以下の写真でご確認ください。

 

★場所はビアガーデンが賑々しく開催中の大通り公園

news_09   

 

 

news_01

 

★こういう街宣車でしたが

news_021

 

★撤収で「日本軍慰安婦」の横断幕を外すと、あら不思議!

news_02

 

★アレ?! 民主党の街宣車じゃないですかww

news_03

 

民主党が左翼的思想を持つ者が多いことは、既にご存知の方も多いと思いますが…証言が二転三転する自称慰安婦のことを頭から信じ込み、手を貸している証拠をあからさまに見せつけられるとげんなりします(*´ο`*)=3

 

ちなみにこの写真、街宣の現場に居合わせた方から提供されたものです。
提供者の方は街宣が行われている間中、様子を見ていたそうなのですが…。

なぜか、マイクを握ってアリランを何度か歌ってた女性がいたとのこと!!
それに対し、「あんたは何人なんだ!?」と抗議をしている人もいたとか。


アリランとは朝鮮半島の代表的な民謡です。

それをわざわざ街頭の場で歌うということは、よっぽど日本より韓国(もしくは北朝鮮)が好きなのでしょう。
その女性の国籍までは不明ですが、この女性、本当に日本人なのか極めてアヤシイ!!


さらにいえば、自称元慰安婦のフィリピン人老婆も演説をしたそうです!
これって政治活動に当たりませんか?
外国人の政治活動は禁止されています。
まあ、「過去の思い出を話すだけなら政治活動ではない」「長期的な在留ではないから問題ない」などいくらでも理由はつけられるでしょうが、
だからといって、外国人が政治の場に口を出すのは問題だと思います。
性奴隷云々が真実であればまた話は変わるでしょうが、売春婦であるという事実が判明している以上、ただの内政干渉です。


アリランとフィリピンは直接的な関係はありませんが、連携して日本を貶めたいとしか思えません。

何せ、日本政府から謝罪と賠償を無事に得られたら、多額のお金がもらえますからねぇ。
お金は誰だって欲しいですから、そりゃあ死に物狂いで動きたくもなりますよ!!

さらに、街宣車が示すように、民主党という日本の政党が味方しているわけですからなおさらタチが悪いです><
お前たちは一体誰のために働く議員なんだよ、と。
選挙で負けるのも当然だと思います。

「NOと言えない日本人」とはよくいったものですが…。
デカい声で脅されたら小さくなって何も言い返せない、

そんな弱い日本人につけこんで、お金を巻き込む弱者ビジネスをしたいのでしょうか、彼らは。

 
「歴史の真実を見てください」「捏造は許さない」
 
慰安婦肯定派がよく使う文言です。
 

ですが、そう言っている彼らの方が真実を見るべき!!!
 

彼らの方こそ、自称元慰安婦や彼女らを利用し日本崩壊をたくらむ連中に騙されているか、確信犯のどちらかなのです。
 
いくら旧日本軍の資料やエライ大学教授の書籍を持ってこようとも、

 

真実というものは絶対に変わらないのです。

 

真実といえば、当時慰安所に勤めていた朝鮮人男性の日記がつい最近発見されましたね。

韓国内の報道だと内容を少々ごまかされているようなので、日本のニュース記事を見てみましょう。

第二次世界大戦中にビルマ(現ミャンマー)とシンガポールの慰安所で働き、その様子をつづった朝鮮人男性の日記が、韓国で見つかった。男性は、1942年に釜山港を出発した「第4次慰安団」に参加し、44年末に朝鮮へ戻った。慰安所従業員の日記の発見は、日韓で初めて。

慰安所:朝鮮人男性従業員の日記発見 ビルマなどでつづる 毎日新聞より引用

この日記、かなり詳しく書いてありますよ。
ですが…。

「鉄道部隊で映画(上映)があるといって、慰安婦たちが見物に行ってきた」(43年8月13日)

「慰安婦に頼まれた送金600円(現在の金銭価値で200万円強くらい)を本人の貯金から引き出して、中央郵便局から送った」(44年10月27日)

ハテ、こんな良い待遇の奴隷っているんでしょうか?


日本軍人を相手にしていた、高給取り売春婦がいたこと自体は事実です。

その事実を巧みに利用し、日本から謝罪と賠償をむしりとって良い気分になるために「性奴隷」なる存在を捏造されたにすぎません。